人人兎猫猫犬犬の家族日記


by usanekoinu

プロフィールを見る

ブログ

カテゴリ

全体
usagi
neko
inu
crafts
sis
mum
food
clothes
others
multiple
eating out
travel
camp
未分類

Cambridge ケンブリッジ




これがケンブリッジの夕食と朝食。

c0208524_18483164.jpg


ガーリックブレッドが葉っぱの形🍂


ご存知の通り、ここは大学の街。
ケンブリッジ大学とは、、、。
実際にはケンブリッジ大学と云う名前の大学は存在しません。
ケンブリッジと云う街が31個のカレッジを有する
と云うのが正しい理解です。

トリニティー、キングス、クレア、セントジョンズ等、
中心を貫いて走るケム川↓沿いに大学が並びます。

c0208524_18543140.jpg




イギリスの大学は3年制が多く、ここケンブリッジには
世界中から優秀な学生たちが集まります。

大学の入試は、いうなればAO入試。
日頃の成績と全国一斉試験の結果を
進学希望の大学に送り、入学許可が下りたら通えます。

以前話を聞いた時には、イギリス国民なら
教育費はすべてただ、と云うことでしたが、
今は大学へ行くにはかなりの学費がかかるとのこと。

一定の収入を得られるようになると
自動的に返済が開始されて天引きされるそうです。
その為アルバイトをする学生は多いです。
逆に言うと収入が少な過ぎたら一生返さなくていいと云うこと。
ひと月の返済額は1万円程度らしいです。


夜、この街に着いて気が付いたのが
マンチェスターや湖水地方と違い
歩いている人々の服装が小ざっぱりとオシャレなこと。


今回の宿はコンドミニアムで
キッチンも付いていました。
泊まってシャワーを浴びただけになっちゃったけど。

一晩明けて、車を宿に駐車したまま街へ。
歩いて10分程です。


公園を抜けて、、、

c0208524_19103366.jpg





こんな素敵なバラの絡んだテラスドハウスを見ながら

c0208524_19223052.jpg

因みにテラスドハウスとは長屋のこと。
何軒もの家が繋がって建っています。



急ぐはパンティングボートの待ち合わせ場所!


はい!ここでも迷います。笑
10時待ち合わせなのに街中をうろちょろ。

もう待ち合わせに遅れたから
乗れないかも~!と思っていたら
みんな迷って遅れてた、、、^^;
結局町の中心街のキングスカレッジ前にコンビニがあって
そこがエージェントでした^^


パンティングボートとは平底のボートで
櫂ではなくポールで進める。

私達の漕ぎ手はケンブリッジで
テクニカルカレッジ(専門学校)に通った青年で
ボートとバーテンのバイトでお金を稼いで
ロンドンの大学に進学希望。

他の漕ぎ手がそれ程説明をしていないのに比べ
私達の舟は漕ぎ手も乗り手もよく喋る!
相乗りはインドからの移民の方々でしたが
説明も質問も飛び交いそれはそれは賑やかな楽しいツアーとなりました。


c0208524_19302600.jpg


日本を出る時にイギリスの気温を見て
もしかしたら、、、と持って行ったムートンブーツは大正解!
最高気温が16度程の日が続いた南部イギリスでした。

11日間で晴れたのは湖水地方のサイクリングだけ。
それでも運よく雨は霧雨程度で全ての日程を終えましたが
特にケンブリッジは寒かった!
勿論コートも手放せませんでした。




c0208524_19442572.jpg

伝統を感じさせるアイビーです。





c0208524_19441641.jpg

レンガの間から伸びた花が咲き乱れて美しい!





c0208524_19441199.jpg

川沿いの芝生の道は、学生か教師のみが歩くのを許されています。
見学ができる時でもここは一般の人は歩けません。





c0208524_19441915.jpg

セントジョンズカレッジ。
この大学はキングスカレッジの対岸に位置し、
ライバル校として知られています。
建物のほとんどすべてが線対称に作られた中、
唯一ワシの像だけが左を向いています。
これは、ライバルのキングスカレッジの方なんか向くものか!
と云う気持ちの表れだそうです。
世界でも最高峰のカレッジの考えることって結構子供っぽいと
思わず笑ってしまいました。

それぞれのカレッジで、優秀な生徒は、
無料でカレッジの寮に住むことが許されます。
そして食事も洗濯も全て係がやってくれるそうです。
学問に集中できるようにシステムが整っているのですね。

セントジョンズの場合48人とか。
しっかし、もし今年48番目で来年49番目だと
寮を出なきゃいけない訳で、
それもまた凄いプレッシャーでしょう。


c0208524_20192140.jpg

あちらに見えるは「ため息橋」
そう、ベニスにも同じような橋があります。
ベニスの橋は死刑囚が最後に渡る時にため息をついたと言われていますが、
こちらの橋は成績が悪かった生徒がため息をつくとか^^;





舟を降りてまず最初に向かったのは
c0208524_19485210.jpg
クレアカレッジ。
31あるカレッジの中でも数浮くない、
女性が設立した大学です。

9月が年度初めのイギリスでは、
5月末のこの時期が年度末で試験期間。
そうでなければ大学によっては
多少内部を見学できますが、今回は外から見るのみです。


大学によっては教会を備えています。
今回はキングスカレッジの教会へ。
c0208524_19532385.jpg


素晴らしいステンドグラス。



c0208524_19530963.jpg


哲学者や作曲家、聖人の絵がモチーフとなっているのは
ここもマンチェスター聖堂と同じこと。


ヘンリー8世までのロイヤルファミリーの家系図やら
c0208524_19530964.jpg





その紋章の説明が飾ってあります。
c0208524_19530953.jpg


日本で南北朝に分かれたように、
イギリスも一時的に後継者争いがこじれて
赤と白の紋章に分かれ、それが今では合体しています。





試験中で大学内部の見学ができないので
街中の探検に出掛けましょう。

c0208524_19593782.jpg


おおおお~!
相変わらずどの街に行ってもお菓子屋さんはスゴイ!
これ、ホントに全部売れているのかなぁ。。。



街の中心にはマーケットが開かれていて


c0208524_23401116.jpg

スムージー美味しそう。




c0208524_20015718.jpg


ピーカンナッツの入ったブラウニーも美味しそう!



c0208524_20015767.jpg


ドライフルーツもぎっしり並ぶ。



c0208524_20015711.jpg


パンが3ポンドで500円くらい。



c0208524_20035815.jpg


ミニヨンズのカップケーキはボランティア団体が。



c0208524_20015751.jpg


そして悪くなることを考えないで済むなら
日本にこれを一番持って帰りたかった。オリーブ!!!


ケンブリッジの街には小さ目のオリジナル商品を扱うブティックから
大手のファッション関係のお店が揃い、
ここではショッピングも楽しみました。




車に乗った途端、天気は悪くなるばかり。
次の目的地への高速道路は終始ワイパーを最速にする雨。
しかし!歩いている間は雨は降らないのよ。

これは、、、日頃の行いが良いのかしら^^


5時過ぎまでには次の目的地に着かなければ!
流石にロンドン周辺まで来るとWifiの調子も良く、
今回の移動は奇跡的に迷うこと無く
ここへ↓
c0208524_20095594.jpg


辿り着きました♪


ひゃっほ~!今夜はお城にお泊りだっ!!!





[PR]
by usanekoinu | 2016-09-18 23:58 | travel | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2016-09-20 21:31
ケンブリッジ・・・
行ったかなあ・・・?
イギリスは、とにかくいつも曇っていましたね。
こんな風にボート?
乗ってみたかったです!
Commented by usanekoinu at 2016-09-28 23:09
ケンブリッジではパンティングが
観光のメインだったりもするかも。
学生がおしゃれなので、
ショッピングも侮れないくらいに
可愛いお店がありますよ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード